連続941言目 これからの季節はダニに注意!

けんた鍼灸院関連

けんた鍼灸院、院長のけんたです。

静岡県島田市菊川(旧金谷町)の自然豊かな里山で鍼灸院をやっています。

猫背の方の治療をすることで、肩こりや腰痛の予防、姿勢を良くし疲れにくく仕事がバリバリ出来る体と心作りをサポートしています!

LINE@ではイベント情報やけんた鍼灸院の

情報をお送りしています!

友だち追加

 

昨日に引き続き往診に行った時のお話。

腰の悪いおばあさんの治療をしているときに見つけてしまいました。

!マダニ!

一見するとほくろにしか見えないものの、黒い点の周りが赤くなっているのでこれは!

と思って目を凝らしてよーく見ると足が生えてます。

マダニだな、と思い触らずにおきました。

御家族にお話しして病院へ行っていただくことになりました。

あとで御家族からご連絡があり、

「病院にいったらマダニだって言われました。見つけてくださってありがとうございました。」

と喜んでいただけてお役に立ててうれしかったです!

マダニが危険な理由は?

ズバリ感染症です!

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)という 感染症にかかると発熱や消化器症状などの症状が出て、最悪の場合死亡する例もあります。

感染しないためにも、対処法をしっかり知っておくことが大切です。

対処法は?

そもそもマダニはどこに住んでいるかという話ですが、近いところだと庭や畑や公園にもいます。

シカやイノシシなどの動物にもくっついています。

山の中や藪に入ってもいることもあります。

これからの時期はそういうところに行くときは長そで長ズボンで肌が露出しない服装が理想です!

そして、そういうところから帰ってきたら服についていないかしっかりチェックして可能ならばガムテープを使ったりして取ってしまうといいですね!

刺されていたら?

刺されていたら、皮膚科に行きましょう!

マダニの口はヒトの皮膚に刺さるとだんだん固まって抜けないような物質を出します。

そうすると引っ張って取れたとしても口だけ残ってそれが化膿する原因になったりします。

つまんで引っ張ってもお腹を持ってしまったりすると注射器のようにお腹の中にいる感染症の元が人の体に注入されることになります。

だから、触らずに病院に行きましょう!

終わりに

ダニに刺されるなんて田舎の人だけでしょ!

と思っている方、そこら辺の草むらにもいるので知っているだけでも対策できるので、ちょっと頭の片隅に入れておいてください!

けんた鍼灸院ホームページはこちらから

けんた鍼灸院ホームページ

お問い合わせはこちら

お問い合わせ

それではまた明日 !

コメント