連続902言目 デスクワークで肩がこる方にやってほしいこと。

肩こり・五十肩について

けんた鍼灸院、院長のけんたです。

静岡県島田市菊川(旧金谷町)の自然豊かな里山で鍼灸院をやっています。

猫背の方の治療をすることで、肩こりや腰痛の予防、姿勢を良くし疲れにくく仕事がバリバリ出来る体と心作りをサポートしています!

LINE@ではイベント情報やけんた鍼灸院の

情報をお送りしています!

友だち追加

 

今日は私が考える「デスクワークで肩がこる方にやってほしいこと」というお話です。

デスクワークで肩がこる方は非常に多いと思います。

実際に私のところに治療に来られる方でデスクワークをしていて肩こりの方がいらっしゃいます。

なぜ肩がこるのか?

この根本的な理由は血行が悪くなるから。

デスクワークで集中して働こうと思ったら、作業スペースから離れずにずっと作業をこなす必要があります。

同じ姿勢で長時間いると、使用している筋肉が縮まったままで血流が悪くなり疲労物質が溜まります。

これが痛みやこりの原因になるんです。

やってほしいこと

原因が分かったところで、どうしたらいいか?

下に書くうちのひとつでもいいので実践していただきたいです。

ストレッチをする

ストレッチは座ったままでも出来るので、簡単に出来ると思います。

おススメは、フェイスタオルを使った方法です。

もちろん無くてもできます。

頭が前にいかないようにして肘を曲げる。

 ↓

ばんざいをする。

この動作をゆっくり、大きく動かしながら5回から10回繰り返してみましょう。

スクワットをする

スクワットは肩幅に足を開いて行います。

腰に手を当ててもいいですし、写真のように前に手をのばしても構いません。

膝は写真程度まで曲げますが、あまり深く曲げると膝に負担がかかるので無理のない程度にしましょう。

ゆっくり曲げてゆっくり伸ばす。

これも5回から10回繰り返してみましょう。

歩く

最後の歩くはオフィス内や外などを5分程度歩いてみましょう。

その時に腕を振りながら歩くと効果的です。

肩甲骨が動いていることを意識しながら腕を振って歩いてみましょう。

最後に

肩こりは、同じ姿勢が長時間続いたり、反復して同じ動作を繰り返すことで起こりやすいと私は考えます。

ですからこっているなと感じてからだと、疲労物質が溜まって危険信号が出てきている状態です。

理想としては、こり感が出る前から予防として2時間に1度程度で構いませんので予防的に動かしてあげるとよいでしょう!

こりが酷くてなかなか取れない、何とかしてほしいという方、けんた鍼灸院にご相談ください!

けんた鍼灸院ホームページはこちらから

けんた鍼灸院ホームページ

お問い合わせはこちら

お問い合わせ

それではまた明日 !

コメント